女性の脱毛は昔から行なわれていますが、近年は脱毛する男性も増えており特にヒゲ脱毛は人気のひとつです。
ヒゲ脱毛は日ごろの髭剃りの手間がなくなるだけでなく、カミソリ負けによる肌荒れや青ヒゲといった悩みから解放されるといったメリットもあります。
ところが、中には「やって失敗した」「やらなければよかった」と後悔している人もいるといいます。
では、そのヒゲ脱毛の失敗例をいくつか見てみましょう。

ヒゲ脱毛の失敗例

ヒゲそり
ひとつ目が、思ったよりも痛みが強かったというものです。
施術にはある程度の痛みが伴うものですが、施術方法によって痛みの度合いは異なります。
ヒゲ脱毛の施術は光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛の3つが一般的ですが、ニードル脱毛は他の2つと比較して痛みが強いとされます。
また光脱毛やレーザー脱毛でも毛が太く密集している箇所は痛みを感じやすいようです。
ふたつ目が、施術費用が想定外に高かったというケースです。
サロンなどではカウンセリング時にその人に合ったプランを紹介してくれますが、ヒゲは身体に比べると施術範囲が狭いためかすぐにできる、簡単に終わると思って勧められたものよりも少ない回数のプランで申し込む人は少なくありません。
その結果中途半端な状態で施術が終わり、慌てて追加で施術を受け結局余分な費用が掛かってしまったという場合もよくあります。
三つ目が、想像以上に肌トラブルが起こったケースです。
ヒゲは身体のムダ毛に比べて毛が太く密集しています。
そのために施術の際の肌への負担が大きくなりがちです。
また、人によっては油分の分泌が多かったり毛穴に雑菌が入りやすいといったことで毛のう炎などの炎症が起きやすいのです。
特に敏感肌の人はトラブルが起きやすいといえます。
四つ目として、仕上がりが満足できるものでなかったという場合もあります。
施術前にカウンセリングを受けるなどで自分の希望などをしっかり伝えたつもりでも、その通りに仕上がらなかったケースも少なくないようです。
特にデザインヒゲ脱毛の場合には、そういったトラブルが起こりがちです。
また、サロンやクリニックのテクニックや技術などが未熟だったために施術残しが生じることもあるようです。

失敗を回避するためにはどうすればいいの?


では、このような失敗をしないためにはどうすればいいのでしょうか。
まず痛みに関しては、やはり覚悟をしておくしかないでしょう。
痛みに弱い人や敏感肌の人はニードル脱毛ではなく、光脱毛を選ぶといった選択方法も考えましょう。
ただし、白髪やほくろ部分のヒゲは光脱毛やレーザー脱毛では施術できません。
次に費用の件に関しては、ヒゲが濃い人ははじめから無制限コースや回数に余裕のあるプランを選ぶといいかもしれません。
サロンのスタッフは何人ものヒゲの状態を見ているので正しい提案をしてくれているはずですから、提示されたプランに従うのも間違ってはいないでしょう。
三つ目、四つ目については、信頼できるサロンやクリニックを選ぶことで対応できるかと思います。
しっかりした技術、テクニックを持っていれば肌トラブルは最少に防ぐこともできますし、仕上がりが違うといったケースも少なくて済むはずです。
サロンやクリニック選びは施術時の痛みや費用などといった点においても非常に重要です。
ニードル脱毛の痛みの度合いは、施術技術によっても大きく左右されるのが実情です。
また、トラブルが生じた際のフォローや保証をしっかり行なってくれるかどうかも忘れずに申し込みをする前にチェックしておきましょう。

ヒゲ脱毛をするならレイロール
■http://rayrole.jp/campaign/firstplan_hige/
■東京のヒゲ脱毛は全国最安値保証・コスパNo.1のレイロール