ヒゲ脱毛に掛かる回数や期間はどれくらい?

サロンやクリニックでヒゲ脱毛をする男性が増えていますが、施術を完了するまでには何度か通う必要があります。
一度や二度で完全に脱毛できるのではなく、施術を重ねることで新しいヒゲの生えてくるサイクルが長く、また本数が短くなることで最終的にヒゲの処理をしなくてよくなるのです。
では、それまでに掛かる回数や期間はどれくらい必要なのでしょうか。

脱毛方法によって回数、期間は異なる

ヒゲ脱毛は、レーザー脱毛、光脱毛、ニードル脱毛の3つが主な施術方法です。
レーザー脱毛は早ければ5〜7回程度、一般的には10回程度の照射が必要とされており、完全に処理を終えるには10〜18回程度が一般的です。
期間としては半年から1年くらいが必要ですが、一切ヒゲの生えてこない完ぺきな肌を求めるなら最低でも2年半は掛かってしまうでしょう。
光脱毛はレーザー脱毛よりも威力が弱いので最低でも15回、濃い人なら20回以上の施術が必要でしょう。
そのため1〜1年半ほどの施術期間を要しますが、1回当たりの施術時間は15〜20分程度と短いのが特徴です。
最も効果的なのがニードル脱毛で、5〜8回程度の施術でほとんどが満足いく仕上がりになります。
髭剃りを楽にするという程度でいいのなら半年あれば大丈夫でしょう。
ただ、全体をツルツルにしたいならば1年から長くなると2年以上掛かることになります。
また、ニードル脱毛は1回に掛かる施術時間が長くなります。
光脱毛やレーザー脱毛なら1度に広範囲の施術が可能ですが、ニードル脱毛では毛穴一つ一つに針を挿していくために時間が掛かるのです。
その他に、痛みが非常に強いという点も知っておく必要があります。

人によりそれぞれ

どれくらいの脱毛程度を求めるかによって掛かる期間は異なりますしヒゲの状態は個人差が大きいので、ここで紹介した回数や期間はあくまでも参考程度に考えてください。
具体的に自分の場合にはどれくらい掛かるかは、サロンやクリニックに直接相談してみることをおすすめします。

関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です