こんなケースはヒゲ脱毛NG

ヒゲ脱毛を考えている男性も少なくないかと思いますが、施術のできない人や部分などがあることをご存知ですか。
ヒゲ脱毛の施術法には光脱毛やレーザー脱毛、ニードル脱毛が主な手段ですが、中には施術を受けることができない人もいます。
ここではそんなNGケースをご紹介しましょう。

持病を持っていても大丈夫?

まず、ヒゲ脱毛のできない人として挙げられるのがてんかんや心臓病などの持病を持っている人です。
これらの病気は施術中に何らかの発作が起きても適切な処置を行うことができない可能性から施術は不可とされています。
ただしこれは脱毛サロンの場合に限り、クリニックでは施術が可能であるケースが多いようです。
というのも、脱毛サロンは医師免許を持たないスタッフが施術をするのに対して、クリニックでは医師免許を持つスタッフが医療行為として行うので万が一の際にも適切な処置が可能だからです。

ホクロやシミは大丈夫?

次に、光脱毛はホクロや目立つシミ部分の施術はできません。
したがって、そういった部分の脱毛は光脱毛を行なう場合、サロンではそこにシールを貼って光が当たらない処置を行います。
レーザー脱毛の場合は、シミが小さければそのまま施術をしますしホクロも問題ありませんが、大きなシミやホクロの場合は顧客と相談したり医師が判断するといった状況となります。
また、日焼けした肌への施術は光脱毛もレーザー脱毛もNGですし、タトゥーのある部分の施術も不可です。
これはメラニンや肌の色の濃い部分に光やレーザーが正しく照射できない危険性があることが理由です。

その他、条件によるのでまずは確認を

ニキビやニキビ痕は、光脱毛はNG、レーザー脱毛ならOKという場合もありますので、事前に相談するといいでしょう。
白髪のヒゲも、メラニン色素がないために施術はできません。

施術の可不可はその機関の判断によって異なることもあるので、カウンセリング時に相談や確認することをおすすめします。

関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です