アトピーでもヒゲ脱毛は問題ないの?

最近はヒゲ脱毛をする男性が増えています。
いわゆる「青ヒゲ」は見た目にもあまりかっこよくないですし、毎日ヒゲを剃るのが面倒という理由から脱毛をする人もたくさんいます。
そんな中には、アトピー性皮膚炎を患っている人もいて、ヒゲ脱毛をしたいけれども施術を断られるんじゃないか、アトピーが悪化するんじゃないかと悩んでいるケースも少なくないようですが、実際のところはどうなんでしょうか。

アトピーでも大丈夫

確かにヒゲ脱毛は肌に負担が掛かるといわれます。
しかし、サロンやクリニックで行なっている光脱毛やレーザー脱毛は光を照射して毛根にダメージを与えることで脱毛を行なうために肌に直接触れません。
したがって、アトピーであっても施術には問題ないでしょう。
とはいえまったく肌への負担がないわけではないのですが、施術後には炎症を防ぐために冷却をしたり保湿剤で肌を安定させるなどの処置を行うのでトラブルはほとんど起こらないといっていいでしょう。
実を言うとトラブルの可能性のあるのはアトピーよりも敏感肌の人のほうなので、敏感肌の人は事前にスタッフに相談することをおすすめします。

ニードル脱毛はNG

ただし、ニードル脱毛の場合はアトピーの人は避けたほうがいいでしょう。
ニードル脱毛は毛穴一つ一つに針を挿し電流を流して毛根を破壊するのですが、直接肌に触れるうえに肌への負担が非常に大きくなります。
脱毛効果は光脱毛やレーザー脱毛よりも高いのですが、やはり肌への負担のことを考えると好ましくないといえます。

むしろヒゲ脱毛はすべき

肌への負担のことを考えてヒゲ脱毛をしないというアトピーや敏感肌の人は少なくありませんが、実はそういった人にこそヒゲ脱毛がおすすめなのです。
なぜなら、毎日のひげ剃りは肌に大きな負担となっているからです。
ヒゲ脱毛をすることでそんな負担がなくなり、アトピーの改善が期待できるかもしれませんよ。

関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です